スキンケアと精油の効果

スキンケアのためにしばしば用いられるのが精油です。美容エステティックサロンなどでは、まず100%取り入れていると言えるでしょう。精油には、さまざまな効果があり、スキンケとしての直接的な効果以外にも気持ちに働きかけリラックスやリフレッシュをしてくれるという作用も期待できます。さらに、除菌や消臭、抗炎症作用や血行促進作用があることもよく知られており、まさにスキンケアだけでなく健康に欠かせないアイテムと言えるでしょう。
精油を購入するためには、インターネットなどで探すほか近所の雑貨屋さんやアロマ用品の専門店で探す方法があります。精油は香りが命なので、できればインターネットのような通販よりも実際にサンプルを確認できる場所で購入をすることがおすすめです。
精油をスキンケアに利用するときは1回につき1つの香りに限定するのではなく、ブレンドをして使うことが一般的です。ブレンドをするときは香りだけでなくノート(揮発性)など特徴による相性も考慮しておくようにしましょう。ノートには「トップ」「ミドル」「ベース」のような分類方法があるので専門書などで調べてみてください。
また、精油の香りにも系統別の分類方法があり、「フローラル」「かんきつ」「ハーブ」「樹木」「樹脂」「エキゾチック」「スパイス」という7種類に分類することができます。同じ系統の香りはブレンドの相性がよいものとされています。王道的なブレンド方法も多くの場所で紹介されています。